取り囲む美しい島の変身を期待しています。

文化踏査1番地の康津(カンジン)には、見どころやグルメ、楽しみどころが満載です。
そのうち康津を代表するヒーリング島加牛島は、四季を通じて常に美しく素敵な場所として愛されています。


広々とした海を眺めながら吊り橋を歩くだけでも、コロナ19で疲れたストレスを吹き飛ばせるのに。
加牛島は島ですが、康津島岩 힐링업 面望湖里と大口面貯留里の2ヶ所を連結した連陸橋の吊り橋を通じて加牛島に入ることができます。


2019年韓国観光公社100大名所に選定された康津カウドは、美しい島として生まれ変わっています。
コロナ19の拡散により、青磁タワーから展望を眺めると、乗るジップトラックや海洋レジャージェットボートの運行は一時中断されましたが、自然を満喫しながらデッキを歩いてみる楽しみがあります。
コロナが終息したら約1kmの長さで海上体験施設としては全国最長というジップトラックもぜひ乗ってみてください。


私が行ったところはマンホ吊り橋側です
ガウ島は、大口面側につながっている楮頭吊り橋(438m、徒歩10分)と道岩面側につながっているマンホ吊り橋(716m、徒歩15分)に分かれ、歩いてのみ入ることができます。


ガウ島は、島の形が牛の頚に当たるということからガウ島と呼ばれたそうです。
その意味が分かると、島をより詳しく調べるようになります。
康津にある8つの島の中で唯一の有人島で、海辺の先生台探訪路に沿って歩くコースは、天恵のトレッキングコースでもあります。


島を歩いて入ることができる素敵な島で、入場料もありませんので、康津に訪れた方にはぜひ一度立ち寄ってみてください。
住民の生活必需品を運ぶ四輪カート以外は自動車が進入できないので、ゆっくり風景を吟味しながら歩いて入ってください。


ガウド吊り橋の中間には、救命チューブとともに底が見えるガラス床の区間が造成されており、スリル満点です。
風が強く吹く日は、心臓がひやりとする経験もあることです。


ガウドの吊り橋は吊り橋という名前を持っていますが、実際に橋は揺れることはありません。
歩く時に周辺の海を見下ろすと、波の揺れる形がまるで揺れているような感じがするということから名づけられました。


吊り橋を過ぎてデッキを歩いていくと、ヨンナンナル憩いの場に出会えます。
瓔珞生家が感じた雰囲気とは異なり、現代版として洗練された洗練された瓔珞·キム·ユンシクの姿が見られます。
周りには「牡丹が咲くまでは」をはじめ、珠玉のような詩が展示されていて、詩を読みながらしばらく休むことができる場所です。


詩人キム·ヨンナンと一緒に記念写真を撮れるようにフォトゾーンベンチも用意しています。
デッキの道が退屈しないように、康津が生んだ金永郎(キム·ヨンラン)詩人との作品を、小さな憩いの場として造成したアイデアが目立ちました。


金永郎詩人は、巧みな言葉で繊細で玲瓏たる敍情を歌い、後世にまで多くの愛を受けています。
康津には永朗生家から詩文学派記念館まで彼の足跡を辿ることができるヒーリングスポットが多いので、ガウドを歩いてみるのも良いでしょう。


カウ島から眺める眺めは、一幅の絵のように美しいです。
春の気配を感じながらガウドから吹いてくる風も温かく、ゆっくりと見ることができました。


ガウドの頂上にある25mの高さに造成された展望の良い青磁タワーに行く道は、東屋模型の造形物で飾られていて、康津に来ていることを実感させます。
高麗青磁の優秀性を国内外に広く知らせるため、康津郡では毎年、青磁祭りも開催しています。
青磁の中でも最高の作品を生み出す康津は、穏やかな気候と豊富な粘土により、高麗時代の500年間、青磁文化の花を咲かせた場所でもあります。


カウ島では個人釣りが禁止されているので、釣りがしたい場合はカウ島住民が別途用意した釣り場内で釣りを楽しんでください。


加牛島入口では様々な強震特産品を見かけることができます。
康津の農特産物は全国的にも有名なので、ぜひ足を運んでみてください。


今年、康津(カンジン)ガウ島に長さ150m、本当に吊り橋ができるという話が聞こえてきます。
スリルあふれる吊り橋が作られます。
康津湾の海の風景を屏風のように取り囲む美しい島の変身を楽しみにしています。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다