古くて小さな石の家で流れている2人の対話

今日、僕がレビューする映画は 「If Only, 2004」です。 オフシーズンだった2004年10月、韓国では馴染みのない俳優たちが出たこの映画は、観客の爆発的な呼応を受けて6週間以上上映された映画だそうです。 代表的なメロロマンス映画でもある「イフ·オンリー」は知っていましたが、観ようとしたことはありませんでした。 最近、映画紹介番組で偶然接した後、すぐ観ようと思って探すことになりました。 「愛」という単語を 誰が定義できるかな?と思いましたが、この映画を見れば、’愛’に対して少しは分かるんじゃないかと思います。 それでは早速、映画「イフオンリー」、「レビュー開始します」

イフ·オンリー

映画のあらすじは?

If Only, 2004

ある日、恋する女サマンダ(ジェニファー·ラブヒューイット)が事故で死んだ。 自分が愛した女と別れた男イアン(ポール·ニコルズ)は、サマンダの楽譜を抱きしめて眠りにつくが…。 次の日、目を開けてみると隣で聞き慣れた音が聞こえてきて、サマンダーがいることを確認してびっくりしてしまう。 過去を夢だと思ったイアンは、サマンダにあったことを話すが、サマンダは信じない。 しかし、決まった運命はまた起きるもの! 前日、イアンが経験したことは他の方法ですべて表われ、イアンは手遅れになる前に自分の真の愛をサマンダに伝えようとする。 果たして、二人の一日は変わることができるだろうか。

イフ·オンリー

すべてを知っているタクシー運転手.

If Only, 2004

サマンダの卒業コンサートに行くためにタクシーを拾ったイ·アンは、タクシーの運転手と話をすることになります。 タクシーの運転手はバックミラーでこの案を見て、「愛情船に豪雨注意報が?」と質問して問題を聞きます。 イアンも最初は答えようとしませんが、だんだん自分の状況を話します。 この眼はサマンダを幸せにしてくれることができない自分のために心配だと言います。 そして15日間どこかに行ってこようと言いますが、一緒に行けないと言いました。

この時、タクシーの運転手はイアンにもう一度このように言います。 「空港で別れてまた会えるなら生きて行けますか?」その言葉を聞いたイアンは生きていけません。 タクシー運転手は”彼女がそばにいることを感謝して買ってください”と言います。 比較的、映画の前の部分に出てくる会話としてつい見過ごすことができるのですが、この映画の最も核心がここに盛り込まれているのではないかと思いました。 「隣に愛している人がいることに感謝し、計算無しに愛してほしい」というタクシー運転手の言葉が、ほかならぬ愛を定義するのではないかと思いました。

イフ·オンリー

すべてを知っている男

If Only, 2004

映画でタクシーの運転手以外にすべてのことを知っている人はもう1人います。 主人公イ·アンです。 映画でイアンには過酷な一日だったのではないかと思ったりもします。 サマンダをとても愛しているが、彼女の頼みである両親に会いに行こうという言葉に気軽に答えることができませんでした。 そして彼にとっても、サマンダにとっても重要な発表とコンサートのあった一日でした。 あまりにも忙しくて、お互いのことが大変なその日に事故が起きたのです。 しかし、イアンにその日がサマンダを見られる最後の日だとしたら、そのように行動したでしょうか。

再び戻ったその日、イアンはサマンダと共にする朝から最後までこれまでしなかったことをしようと思います。 サマンダの両親に会いたくなかったのは、幼い頃、自分の両親との話のためだったが、率直に打ち明けるようになったんです。 そして、これまで表現できなかった自分の感情をサマンダに率直に打ち明けるのですが…」 私は90分のランニングタイムの間、イアン、サマンダそして周辺人物の会話を通じて「愛」と書き留めてきた単語に込められた数多くの意味の中で一部に気付いたように思いました。

イフ·オンリー

計算しないのが愛

If Only, 2004

イアン”残された時間がいくらもなかったら.. 人生で一日しか生きられなかったら何がしたい?”

サマンダ”靴から買ってからアイスクリームすくって食べて一流下着モデルと濃い恋愛する… ありきたりなことを聞くんだ。 正解は一つなのに。 自分と過ごさないと」

イアン「本当?」

サマンダ「一緒にいるよ。今のように、何もしないで」

イアン「本当?他のは?」

サマンダ “二人じゃなくて…” 一つになった感じ。 本当の心になるんだよ。 些細なことから奥深いことまで 私の望み通り、そうなれば토렌트맵 死も怖くない。”

  • 映画 イフ オンリー 台詞 中 –

古くて小さな石の家で流れる二人の対話。愛する人がそばにいる時の大切さは思ったより早く適応し、その人がそばにいるという事実に慣れると無心になるものですが、今日サマンダが死ぬという事実を知っていたイアンと何も知らないサマンダの対話なので、もっと真剣に近づいた対話ではないかと思います。 最後に、すべてを手放してサマンダの代わりに死を選んだイアン、そして一人残ったサマンダはイアンが感じた悲しみを感じるようになります。 –そして、一歩遅れた後悔や申し訳ない気持ちなど、複雑な感情を見せてくれますが…。 「この映画は、男女を問わず、大切な人がいつ、どのように、どこから離れるか分からないため、計算なく愛し、面倒を見てくれる時に世話をしなさい」というメッセージと、2人の男女がすべての人々を代表して話でもするように、一番近い恋人の大切さを改めて認識させる映画でした。

今日は映画「If Only, 2004」レビューを進行しました。 全体的に大きなカーブがある映画ではないですが、男と女の感情を細かく表現したような映画でした。 多分『イフ·オンリー』は、数年後にもう一度見ても、同じ感情を呼んでくる映画ではないでしょうか。 愛する人と一緒に見るのに良い映画「イフ·オンリー」は、暖かい春の日とよく合いそうです。 今日、私のそばに愛する人がいたら、計算なしで愛を表現してみたらどうでしょう?

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다